個人と法人ではどちらがよいですか。

事業形態を個人とするのが法人(会社)とするのかについては、事業規模、業種、将来をどう見込んでいるかなどによって異なってきます。

次の特徴の比較を参考にどちらにするか検討しましょう。

 

個人と法人の特徴の比較

創業手続

個人の場合は、簡単で費用もかかりません。

法人の場合は、会社設立手続に手間と費用がかかります。

 

信用

一般的には法人のほうが信用力に優れ、大きな事業をする場合や、取引先の開拓、従業員の確保といった面では比較的有利といえます。

 

税金

事業所得が低い場合はあまり差はありません。所得が大きくなると法人のほうが節税効果が高くなります。

 

責任

個人の場合は、事業の成果はすべて個人のものとなりますが、事業に万一のことがあると、個人の全財産をもって弁済しなければなりません(無限責任)。

法人(会社)の場合は、会社と個人の財産は区別されており、会社を整理するときには、出資分を限度に責任を負います(有限責任(合資会社の社員の一部および合名会社の社員を除く。))。ただし、代表者は取引に際し、保証をするケースが多く、この場合は保証責任を負います。