従業員採用のポイントを教えてください。

中小企業にとって、事業実績のない創業時は従業員確保が難しい時期です。従業員を採用する際の留意点をみてみましょう。

 

(1)  採用までの流れ

①    採用する人材、人数

自分の事業に従業員は本当に必要なのか、どのような人材が必要なのか、何人雇うのが適当なのかを検討します。

 

②    採用方法

かつての同僚や友人などの自分の人脈の中から採用する方法とハローワーク、シルバー人材センター。求人情報誌、新聞求人欄、求人チラシ、店頭での求人広告などにより採用する方法があります。

 

③    面接

・仕事の内容、給与、勤務時間、休暇などの勤務条件を明確に説明します。

・従業員がやりがいを感じるように、経営者の事業に対する考え方を説明します。

・求める人材であるかどうかを判断するための質問をします。

 

④    採用

・合否の決定はできるだけ速やかに回答します。

・採用を決めたら、契約期間、仕事の内容、資金などを書いた雇用契約書を作成します。

 

(2)  その他の留意点

・外国人を採用する場合は不法就労者でないことを確認します。

・人材派遣会社の派遣社員を活用する方法もあります。

・飲食業などのように忙しい時間帯が限られている事業なら、パートタイマーやアルバイトを効果的に使うと、経費の削減につながります。

・従業員を雇用すると、関係機関への届出が必要です。